ブログトップ

poppet・note

polare.exblog.jp

北から南へ-スラトコフの動物記-

b0016548_17445274.jpg今日も仕事の合間をぬって古書展へ。背表紙を目で追っていくと古い雑誌の間に「チャルーシン」の文字が。手に取ってみると、まさしくあのチャルーシンのイラスト!ひゃ〜うれし〜と小躍りしつつ購入。
「子ねこのチュッパがとりをねらわないわけ」という新読書社の絵本を、以前知人にいただいて以来、気になっていた画家さんだったのです。
でもちょっとタッチが違うな〜と思って調べていたら、
くどーさんのところでわかりました。
「チュッパ」はお父さんのエフゲーニー・チャルーシンさんで、今日購入したのは息子さんのニキータ・チャルーシンさんでした。
でもでも、すごく好きなイラストに代わりはありません。
むしろ、親子ということがわかってうれしいです。くどーさんありがとう。
さっき少しページを開いてみたのですが、旧ソ連の動物の暮らしぶりが、雰囲気たっぷりの味わい深いイラストとともに綴られていて、子供も大人も楽しめる素敵な本でした。うさぎが飛んだり、オオカミが獲物を狙っていたり、紙の中で生きているようで、思わずため息。
休日にゆっくりと堪能しようと思います。

写真はちょっと切れちゃってますが、雰囲気は伝わりますでしょうか。
ものすごく良いです。
[PR]
by poppet_inu | 2005-04-15 17:45 | 本のコト
<< Too-tickiのピクニック... 箱入りさん >>