ブログトップ

poppet・note

polare.exblog.jp

<   2005年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

やはり向いていないのではないかと思う。

b0016548_16433493.jpg友人宅へ編み物を習いにお邪魔する。指人形用の小物は、編み物系は母に作ってもらっているのだけど、自分でも作ってみたくなって。
本を見ながら、カギ編み。ケープを作ることになたのだけど、まず、目を拾えない、いつのまにか目が増えてる…と問題大発生。
本人はものすごくまじめにやってるつもりなんすけど、泣きたくなるほどヘタ。
先生になってくれた友人の友人は、やさしくてとっても上手に教えてくれるんだけど、なんというかこちらが注意力散漫で申し訳ないかぎり。
でも、基本の編み方はなんとなく覚えたので、またチャレンジしたいと思う。
美子ちゃん3種類のカレーとチャパティおいしかったです。ごちそうさま。

写真はくるちゃんに寄り寄り写真。ミワちん撮影。
[PR]
by poppet_inu | 2005-01-30 22:42 | お出かけ

さすがに疲れた

b0016548_16404788.jpgず〜っと観たいと思っていたチェコのカレル・ゼマン監督の映画を観にイメージフォーラムへ行く。
『悪魔の発明』と『ほら男爵の冒険』2本を続けて鑑賞。
絵と人物が緻密にからみあって、絵なのか実写なのかわからなくなるすばらしさ。何言ってるんだかわからなくなってるけど、とにかく圧倒的な美術。夢のような不条理な展開が相まって、なんだか酔いました。

夜は友人の整形外科勤務のバンチョウが久々にやってきた。
はふはふと鍋などを食べたあと、姿勢のよくなる体操のレクチャーをうける。
思いの外できない自分にショックをうけつつも、がんばって体操を日課にしようと決意。

写真は、おおあくびのくるちゃんを激写。ふわり、どこ見てるんだか。
[PR]
by poppet_inu | 2005-01-29 23:16 | お出かけ

こびとのお話

b0016548_16472211.jpg仕事が一段落ついたので、古書展でもやってないかな〜と古書会館へ。うれしいことにやってました。
おじさまたちの間を抜けて、ウロウロ。ほとんどは興味がない本なのだけど、たま〜に、おっと思うものがあるので、あなどれない。
今日は、以前旅猫雑貨店の金子さんが日記に書かれていて興味があった「くらやみの谷の小人たち」を発見。
別の棚には、「だれも知らない小さな国」があったので、こびと繋がりで2冊購入。この表紙にマッチ箱が描かれていたので思い出したこびとのお話をもうひとつ。
ケストナーの「サーカスの小びと」も表紙にマッチ箱が。ドールハウスで生活をし、マッチ箱のベッドで眠る小びとがかわいいのです。挿絵もキュート。
なんだかすっかりこびと好きになっている気がします。
写真はmossaちゃんを公園で撮ってみました。身長12cmほどのmossaちゃんもある意味こびとかしらね。
[PR]
by poppet_inu | 2005-01-28 17:06 | 本のコト

快復の兆し

昨夜、元整形外科勤務の友人に、肋骨の痛みについて相談してみたところ、
実に明確なアドバイスをいだたく。
で、友人の言う病院に今朝行ってみた。
そこで、ついに原因がわかった。肋軟骨の炎症ですって。
温熱治療とかいうのをされると、痛みがうそのように和らいだ。
ああ、もっと早くに友人に相談すればよかったと後悔。友よありがとう。
とりあえず、なんとかなりそうなので治療に通います。
b0016548_14384127.jpg
写真は本文とは関係ありません。ちょっとアンニュイなふわり

[PR]
by poppet_inu | 2005-01-27 14:36 | フツウの日々

犬の行進

b0016548_13555459.jpg肋骨が痛み出して1週間。病院をはしごするも、原因不明。肋間神経痛の薬も効かず、レントゲン、血液検査も異常なしとなると、残るはCTスキャンですと。
もしかしたら、背中や肩のこりと関係あるかもしれぬと、こりをほぐす薬を飲んだけども依然治らず…。原因究明ももちろんだけど、手っ取り早くこの痛みを消し去ってほしいと、もう切に願わずにはいられません(ああ、なんか辛気くさい話しになってしまった)。
写真はCREAにも掲載していただいた、犬のメガネケース。ベージュとチョコレートブラウンを加えて現在4色展開。リラフーセットさんに、本日納品の予定。行けるかな〜。
[PR]
by poppet_inu | 2005-01-26 14:02 | 羊毛フェルト

そのセンスは誰もまねできませんっ

現在HATTIFNATで開催中の「青い鳥展」に行く。
大好きなjoyful tomato lifeのヤチヨさんが出展されているとのことで、
図々しくもお会いすることに。
作品のように、元気で華やかな方。同い年ということもあり、盛り上がる。
ヤチヨさんがお持ちくださったウォールポケットが大変にかわいかったので、
即購入させていただく。
ミワちんとふたり、かわいい〜かわいい〜の連発で、頬ゆるみっぱなし。
ヤチヨさん、どうもありがとう。
b0016548_1054787.jpg
すてきな作品と、購入したトリさんオーナメント。かわいすぎる。
[PR]
by poppet_inu | 2005-01-22 10:32 | お出かけ

いまさらながらライ麦畑

b0016548_17204367.jpg村上春樹の訳ではなく、野崎孝訳のサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』、1964年初版の白水社の“新しい世界の文学”シリーズのものを昨日購入。
中学高校と、何度か文庫を購入したのだけども、読む前に友人に貸し、帰ってこなかった。
縁がないのだなと、あっさりあきらめ、その後あまり読む気がしなかったのだけど、装丁に惹かれて購入。
多分、こっぱずかしい気持ちになるのだろうけど、今読むのもそれなりに良いのかもしれない。
挟み込まれていたこの“新しい世界の文学”のリーフレットによると、
53巻+別巻の計54巻刊行されたらしく、不勉強にもほどがあると誰かに怒られそうなくらい、そのラインナップに見覚え無し。
でもおもしろそうなものもあるので、ちらりと探してみようかとも思う。
[PR]
by poppet_inu | 2005-01-19 17:34 | 本のコト

裏はこんなカンジ。

b0016548_16575499.jpgLITTLE GOLDENの表紙の裏(写真は表3です)。歴代の絵本の主人公たちがちりばめられています。
色合いがなんといってもかわいいし、筆記体の“Little Golden Books”の文字と葉っぱの組み合わせも洒落ていて大好きです。
眺めているだけで幸せになれるので、現在仕事場のよく見える位置に置いて、煮詰まったらよく見てます。
よく見ているいるといえば、最近のお気に入りは、有名なRichard Scarryの『Richard Scarry's Best Storybook Ever』。82本のストリーがぎっしりと詰められた、スキャリーのベストのような絵本。動物の表情やしぐさがたまりません。
ついつい仕事を忘れて読んでしまいます。
[PR]
by poppet_inu | 2005-01-18 17:15 | 本のコト

地下室の古書展

b0016548_1645099.jpg毎回楽しみにしている地下室の古書展(アンダーグラウンド・ブック・カフェ)vol.4に仕事の合間に行って来た。
希少本や、高めの写真集などのコーナーは目の保養。
小さな銅版画の画集は線がすごくきれいで良かったな〜。
ものすごく欲しいと思う本は残念ながら無かったけど、児童書のコーナーが結構充実していて、立ち読み。
いつも行く書店も出展していて、そこの品揃えはさすが、グッとくる。
LITTLE GOLDEN BOOKを数冊購入。
ご主人がちょうど会場にいて、コーヒーをごちそうになった。
(会場の外に特設カフェコーナーもあるのですよ。おいしかったです)

地下室の古書展、明日まで開催中です。
[PR]
by poppet_inu | 2005-01-17 16:10 | 本のコト

撮影は楽し♪

b0016548_1129887.jpg先日購入したsevi社製の“橋と小川”を使って撮影をしたくて、早起き。
指人形の大きさにちょうど良いサイズで、うれしくなって「いいね〜、いいね〜」と激写(大げさですね)。
久々に撮影の楽しさに目覚める。
年末のクリスマス展に立ち寄ってくださった方が、「ポストカードもがほしい」と言ってくれなかったら、こんなに力を入れて写真を撮ろうと思わなかったわけで、
本当に感謝です。
sevi社の製品を見つけてくれたミワちんにも感謝。
指人形作りがますます楽しい。
[PR]
by poppet_inu | 2005-01-08 11:48 | 羊毛フェルト